スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

50代のチークの色と使い方。若い頃と変えてますか?

最近、若い女の子のチークの入れ方って可愛いですね。
まん丸にふわふわって入れて、肌の透明感がアップしますよね。
ワタシ達の世代にはなかったメイクですね。
もちろん、今ワタシがそんなメイクをしたら浮きまくりです。
cosmetics-1367779_960_720.jpg 

チークは肌の血色をよく見せて、イキイキ、はつらつとした印象を与えることが出来ます。
年齢と共に頬は「たるみ」や「こけ」、「くすみ」が現れます。
頬のツヤの位置が下がったり形が乱れたりして、それが頬が下がって見える原因となり、ハリのない顔になります。
加齢により血流が悪くなったりメラニンが蓄積したりで顔色はくすみがちになり、全体的に暗く黄味がかってきます。
肌色の変化によって今までのチークの色が合わなくなってきます。

若い頃からずっと同じメイクをしている人も多いのではないでしょうか。
今の年齢に相応しいメイク法に変えてみましょう。

50代のチークは、コーラルやオレンジベージュなどを選びがちですが、くすんだ肌色がさらにくすんで見えてしまいます。
自分の肌の明るさに合わせて自然な赤身が出るようなイメージで選びます。
明るめの肌なら、コーラルピンク、濃いめの肌ならサーモンピンクなどピンク系がおすすめです。

位置
頬の中央に入れると若々しく見えます。
目尻からまっすぐ降ろした線と、小鼻から横に伸ばした線が交差するところ。
ニッコリ笑って頬が高くなった所よりもまだ若干上です。

ブラシの使い方
ブラシの内側までたっぷりとチークの粉を含ませます。
その後、手の甲で粉の量を調整してブラシを寝かせながら使います。

入れ方
ふんわりと横長の楕円形を描くように入れます。
斜めに入れてはいけません。
頬がこけているように見えます。

最後に、目の下、チークの上端にハイライトを入れて、頬が上がったように見せます。

いかがですか?
実はわたしも、チークの色は若い頃からずっとオレンジ。
自分はこの色が合うって思い込んでいました。
入れ方も斜めに入れてたんです。
化粧を始めた頃、そう教わったんです。
そうでしたよね?

でも、上に書いたようなチークに変えてみたんです。
ピンクでも全然浮いてないし、
入れる位置変えた方が断然若々しいですよ。

参考にして試してみて下さいね。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

2017/09/19 10:12 | メイクアップCOMMENT(0)  

シミやくすみを隠すための厚化粧はNGです。

最近、気がついたんですけど、
普段使っているファンデーションの減りがなんだか早い。
11676986.jpg 

仕事にいくときは必ず化粧するし、
休日は出かけない限りはすっぴん。

もう何年も同じブランドのリキッドファンデーションを
使ってるんですけど、前は1本使い切るのに10ヶ月くらいだったんです。
それが、ひとより早いか遅いかわからないんですけど。

もともと、あんまりいろいろ顔に塗るのが好きではないので、
なるべく薄くのばしてナチュラルメイクだったんですよ。

それでも結構カバー力があるものなんで。

去年は、8ヶ月くらいで無くなりました。
今年は、それよりも早く無くなりそうです。"(-""-)"

それって、厚化粧になって来ているって事ですよね。

使う日数は変わってないんだから。

シミやクマをを隠すために厚塗りしたり、
毛穴が目立たないように必要以上にたたきこんだり・・・

やってしまってることに気が付きました・・・。

厚化粧はかえって顔を老けさせるんですよね。
わかってるはずだったんですけど。


シミやくすみ、クマを厚塗りで隠すそうとすると、
厚化粧の印象だけを残して、不自然になります。

ハリや弾力が無くなっている肌にはファンデーションは薄くして、下地やコーンシーラーを上手く使って、ナチュラルに仕上げるようにしましょう。

その方が、自然なツヤがを活きてキレイに見えます。

年齢と共に皮膚は薄くなっていきます。
厚化粧すると、その分肌にも負担がかかります。
化粧を落とすために、ダブル洗顔をしなくてはなりせん。
そのことで、肌にかかる負担がさらに大きくなります。

ナチュラルな化粧であれば、ダブル洗顔は必ずしも必要ありません。
洗顔はまず、ぬるま湯で汚れを落としてから、
しっかりと泡立てた洗顔料で
優しくなでるように行いましょう。

顔を強くこすったり、長い時間の洗顔は肌のためによくありません。
2分以内に終わらすようにしましょう。
必要以上の洗顔は、セラミドや必要な皮脂まで洗い流してしまいます。
洗顔の後は柔らかいタオルで水分をおさえるようにして拭き取ります。

ティッシュで抑えるようにして水分を吸い取ってもよいでしょう。

その後はすぐに保湿しましょう。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。

2017/08/31 10:30 | メイクアップCOMMENT(0)  

絶対おすすめ。化粧下地で毛穴レス、美肌効果抜群。

夏の暑い日は化粧しても、朝の通勤で汗をかいてグダグダ、
どうしても崩れてしまいがちです。
ところが最近は、1日キレイをキープすることができてるんですよ。

昼休みの化粧直しもなしでも大丈夫なくらい、
とってもお気に入りの化粧下地がこれです。
P_20170702_123241.jpg 


肌に潜むあらゆる影を光で“レタッチ”。 写真のレタッチ技術を化粧下地に応用。 “色”でなく“光”で肌の影を消し去り、 「素肌がきれいになった」と錯覚させるほどに 自然に肌を修正する、新発想の化粧下地です。

■アテニア「スキンレタッチャー」の特徴 ・スキンレタッチ粒子(毛穴や小ジワの影を消す) 微粒子の光がふんわり広がり、自然な明るさを演出。 あらゆる影を消し去り、なめらかな若見え肌に。 ・ダブル密着処方(化粧ノリ・持ちアップ) 両面テープのように、肌とファンデーションをぴったりと密着させます。 表情に合わせて伸縮し、つけたての仕上がりを長時間持続。 ・オイルロック機能(化粧持ちアップ) 肌の余分な皮脂を閉じ込めて、ヨレやくすみを防ぐ。



アテニア スキンレタッチャーを使用した感想

最初はサンプルをもらって使てみたんです。
化粧下地って今までこだわりがなく、
全然期待はしてなかったんです。
手にだしてみたら、思ったよりも固めのテクスチャー。
P_20170702_123930.jpg 

もうちょっと緩いのを想像していたので、
伸びが悪いかなと思ったんですけど顔に塗ってみるとスーッと伸びてちょうどいい感じに。

色は、真っ白でちょっとテカるかな?
と思いながら顔全体に伸ばすと、
顔色がワントーンアップした感じでキレイに仕上がりました。
SPF25ですが、使用するリキッドファンデーションがSPF30だし、日常使いには十分です。
リキッドファンデもぴったり密着した感じ。

まあまあ良い感じ。

と、いうのがメイク直後の感想です。

そして、お昼の化粧直し。
鏡をのぞくと、ほぼ崩れてない。
小さなコンパクトの鏡でパパッと化粧直しするんですけど、

なんだか肌もキレイに見えるな・・。
これって下地のおかげ??
ちょっとこの下地、いいかも。

しかし、しかし、
この子の本領発揮はこれからだったんです。

仕事が終わって、家に帰って、夕食も済ませて、
お風呂に入ろうと洗面所で鏡を見たら

まだ、化粧崩れしてないじゃないっ。

グッと鏡に近づいてみる。

しかも、小鼻の横のあたりの毛穴がない。
ワタシってこんなにお肌きれいだった??

と、思わず勘違いしてしまいましたよ。


すべての影(小じわ・毛穴・凹凸)を光でとばす、
肌修正下地。
スキンレタッチ粒子が肌の凹凸に入り込み、毛穴や毛穴や凹凸の奥から光を放って、
大人の肌の気になるすべて消し去ります。
まるで肌質を作り変えたような、圧倒的な美肌に。

アテニアの情報誌に載っていた商品説明文なんですけど、
まさにこの通り。
一日中メイク仕立てのように化粧崩れなし。
しかも、毛穴も小じわも消してくれる。

今まで化粧下地を重視してこなかっただけに、
化粧下地でこんなにもメイクが変わるのかと、目からウロコでした。

もちろん即、現品注文しました。

こんなにスゴイのにお値段が、1728円(税込み)
しかも、送料無料

あり得ないです。


使用して、1ヶ月ほど経ちますが、
お昼の化粧直しはポイントメイクのみ。
ファンデーションの塗り直しなしで、
メイク仕立てをキープしています。
この暑い夏でこうなんですから、
すごい実力ですよね。

ホントに絶対オススメ、ぜひぜひ使ってみて下さいね。

 



にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。


2017/08/28 10:15 | メイクアップCOMMENT(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。