スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハイドロキノンでシミ取り実践中 効果はある?



前回のシミ取りの話の続きになります。
頬のシミをレーザー治療したんですけれども 記事はコチラです。
その部分はやけどの後のように皮膚の色が少し白っぽいというか、ピンクっぽいというか、肌の色が違ってしまいました。
元々あったシミは小さなシミが集まって出来たシミだったので、直径1㎝ほどのシミのちょうど真ん中の1㎜ほどは、シミがなかったんですね。
当然そこにはレーザーを当てなかったんです。
なんと今度は、そのレーザーを当てなかった部分とレーザーを当てた周囲にシミが出てきたんです。
おそらく、潜在的にあったシミが表面に現れたんでしょうね。
肌の色が他と違ってちょっと白っぽいところと、シミで茶色いとことが混在してるんですから汚くってとてもすっぴんは見せられない状態です。
でも、もうレーザーはする気にはなれないし、ファンデーションで誤魔化すしかないと半分諦めていたんです。
シミ取りに効果があるといわれるハイドロキノンもワタシには大した効果はなかし、と思ってました。
ところが、何気なく見ていたネットで今は濃度の高いハイドロキノンがあるということを知りました。
以前のハイドロキノンは安定性がなく酸化しやすく刺激も強かった。
でも今のハイドロキノンは安定性が高く酸化しにくく低刺激だとか。
濃い濃度も販売できるようになったとか。
ハイドロキノンは元々自然界に存在する成分で、アメリカでは最もポピュラーな美白剤らしいです。皮膚科で貰っていたハイドロキノンがどんなものだったのか。
今となってはもうわからないですけど何年も経ってるんで、もう一回使ってみたいなと思いました。
そこで濃度2%のハイドロキノンを購入して朝晩使用してみました。
やっぱり刺激は全く無し。
1カ月以上使用したけど、効果も無し。
長期で使えば少しは効果があるのかな、
と思ったけど刺激もないことだし、
濃度の濃いのを使ってみようと思い一気に濃度10%を購入。
 
P_20171123_164218.jpg 

固めの白いクリーム。
パッチテストをした後、
朝は2%、夜は10%をシミの部分だけにピンポイントで使用。
10%も特に刺激は無いです。
さらに2週間ほど使用したところで、
なんとなくシミが薄くなったような気がしてきた。
でも、見る鏡によっては濃く見えることもあるし、
期待するあまりそう見えるだけかも。

「でも、薄くなってる」

「いやいや変化なしやん。」

毎日そんな思いで鏡に向かってたんですけど、
3週間過ぎた頃からやっぱり薄くなってる、と確信しました。
今まで化粧するときはリキッドファンデーションをまず、シミの部分に載せて叩き込んで全体に広げて、さらに今度は筆でシミの部分にリキッドファンデーションを重ねてカバーしてたんです。
コンシーラを使ってたこともあったけど、
如何にもシミ隠してます、
状態になるので今の方法が一番ナチュラルで良いかなと思って。
それでも完全に隠し切れてはなかったんですけど。
それが、ファンデーション叩き込んで全体に広げた状態でほぼカバーできてるんです。
筆で重ね塗りしたぐらいにカバーできてるんですよ。

ピンクっぽく丸くなってるのがレーザーの跡。
これはファンデーションで隠れます。
その真ん中と隣がその後にできたシミです。
そんなにすぐに薄くなってくるとは思ってなかったので
ハイドロキノンを使う前の写真はありません。
下の写真はうすくなってきてからのもの。
なんとなくぼんやりしてきた。
写真もちょっとぼけてますね 

simi.png 
 
やっぱり10%は凄かった。
日に日にシミがぼんやりしてきたように思うし、点々の集まりに見えてきた。
完全に消えるかどうかはわからないけど、期待して使ってみようと思います。
まだ他にも消したいシミはいっぱいあります。
左の目尻近くにあるシミにはまだあまり効果はみられません。
でも使ったハイドロキノンはお財布にも優しいです。
気長に続けます。
2%は他社を使いましたが10%はコチラです。

メール便・送無】ハイドロキノン クリーム 安定型 ハイドロキノン 10%配合【ハイドロ クリーム SHQ-10 /5g】

よかったら見て下さい。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

2017/11/23 18:19 | 美白COMMENT(0)  

頬のシミ取り体験記 レザー治療編

左の頬の一番高いところに、直径1㎝くらいのシミが出来たのが40歳くらいの時。
目立つ場所だし鏡を見るたび気になるので、
皮膚科でQスイッチルビーレーザーの施術を受る事にしました。
レーザーをシミにピンポイントで照射して浮かして除去するというもの。
しっかり下調べもしたし、1回の施術で取れるとの説明を受けてやってもらいました。
照射が1発で1㎜分のシミということでワタシの場合は11発。
椅子に座って上向きになってバチン、バチンと至近距離からの照射。
ゴムで弾かれたような痛みで、思ったより痛かったです。
skin-2404166_960_720.jpg 

後はかさぶたが出来、剥がれた後はシミがなくなっている・・
ハズだったのに、説明通りかさぶたが出来て剥がれ落ちたものの、その下にはやっぱりシミが。
そうなんです。

取れなかったんです。(;´Д`)


1週間後、病院へいったところ、医者曰く、

「思ったより深かったみたいですね。」

ということで、もう少し強いレーザーで再チャレンジすることに。
もうちょっと日数を開けた方がいいといわれたんですけど

「早くしたい」
と無理矢理その日に2回目の施術。

同じく、バチンバチンという痛みに耐えて今度こそ、かさぶたの後には綺麗な肌が・・と期待しました。

なのに・・・

かさぶたが取れた後は真っ赤っか。
血が滲んだような赤。
というか、明らかに皮膚の下に血が滲んでる状態。

ショック・・・・

病院へ行くと医者は
「皮膚の状態が落ち着いたら、今度新しいレーザーを入れるのでそれでやってみましょう。」
「赤味は段々ひいていきますよ。それまで毎日塗って下さい」
と製薬会社からのサンプルと思われるクリームのパウチを1週間分タダでくれました。
それから、毎週患部を見せに行ってはクリームをタダで貰って帰るというのを1ヶ月以上続けました。
新しいレーザーで今度こそ、との思いでしたので。
頬の赤味も徐々に薄くはなっていました。

ところが、医者が

「新しいレーザーが入ったんですけどやっぱりレーザーはもう辞めておきましょう」

っていうじゃないですか。

「は?じゃあ、この頬はどうするんですか」

と、ワタシ。

「クリーム塗ってください」

「これで効きますか?」

「効きますよ。美白に効果があるんです」

と、言って大量にクリームのパウチをくれました。

「逃げたな」
と思いましたよ。
結局もう治療は終わりってことですよね。
そもそもレーザー治療の説明の時、取れないこともあるなんて説明はなかったし、その説明がなかった以上失敗したんだったら2回目以降はタダでやってほしいわ。
って思ってたんですけど、
気が弱いワタシはそれも言えず、強く責めることもできず。
茶色のシミがうす赤茶のシミに変わっただけです。
1週間だけのハズが結局2ヶ月近く頬にバンソウコウを貼ったままでした。
マスクして隠してはいましたけど。

それが今から7年くらい前のことです。
その時貰った美白クリームも最初は一生懸命塗ってたものの、そんなに効果があるとは思えずいつのまにか使わなくなりました。
それよりも、シミをどう隠すか、の思いで色んなコーンシーラーやファンデーションを試しまくりました。

今では、レーザー治療を受けた部分は他の皮膚の部分よりもうっすらピンク色になってます。
ファンデーションを普通に塗れば、ほぼわからないくらいです。
いつのまにか段々薄くなっていったみたいです。

治療費はレーザーが一発1000円。
それが11発×2回。
後は初診料とか診察代。
塗り薬というかクリームはすべてタダでした。
本来は正規品を買う筈だったと思います。
レーザーで取れなかった代わりにサンプルをくれていたようですね。
レーザー代は当時でも他よりは安かったみたいです。
美容に力を入れている街の皮膚科でした。

このときに貰ってたクリームが美白に効果のあるハイドロキノンなんです。
肌は弱いのでハイドロキノンを使って大丈夫かと心配したんですが、それは大丈夫でした。
多分1回目のレーザーは弱すぎて2回目は強すぎたんでしょうね。
レーザー治療が失敗したのか成功したのか微妙な所です。
成功とは言えないですよね。
結局シミは薄くなったから、まあよしとしていますが。

レーザーを考えている方がいらっしゃったら参考にして下さいね。


実はハイドロキノンを使って今、新たにシミ取り実践中なんです。

その話は次回にしますね。


にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
人気ブログランキング

2017/11/19 18:07 | 美白COMMENT(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。