スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

パクチーは栄養たっぷり、アンチエイジング効果がすごい


最近、スーパーでも売られているのを目にするようになったパクチー
独特の香りのため、好き嫌いが分かれる食べ物ですね。

ワタシは大好きです。
N112_bascketnihaittapakuchi_TP_V.jpg 

 

だいたい2人に1人はパクチーが苦手らしいですが、ワタシの周りでは、あまり嫌いというひとはいませんね。

むしろ、大好きという声をよく聞きます。

パクチーは別名がいっぱいあります。

パクチーは食べたことがないというひとも、
コリアンダーや香菜(シャンツァイ)、中国パセリというと、

あ~あれね、

ということも多いですよね。

このパクチーはビタミンやミネラルが豊富で美容と健康のための効能が実はいっぱいあるんですよ。


パクチーには
ビタミンA
皮膚や粘膜を丈夫し、肌のターンオーバーを促進します。

ビタミンB1、B2
エネルギーを作り、疲労回復に作用したり、美肌を作る働きをします。

ビタミンC
強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。

ビタミンE
若返りのビタミンといわれています。
血管の健康を保ちます。

などのビタミン類が多く含まれています。

また
肌の代謝をよくし、細胞の活性化を促すβカロチンやナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラルも豊富です。

これらの栄養分により

デトックス効果

体内に自然と蓄積した水銀や、ヒ素などの有害物質や余分な水分を体外へと排出するキレート作用といわれるデトックス効果があります。

アンチエイジング効果

体内の活性酸素の増加を防ぐ高い抗酸化作用があります。
活性酸素は、体内をサビさせるため美容にも健康にも大敵でしたね。

活性酸素の増加を防ぐことで
老化予防、シミ、シワ、たるみの予防
ガン、動脈硬化、などの病気予防
などが期待できます。

他にも免疫力の向上やホルモンバランスを整えたり、不眠の解消にも効果があるといわれています。

いかがですか。

スゴイ効果ですね。

ビタミン類は熱に弱いので生で食べるのがオススメですが、オリーブオイルやごま油との相性はいいので炒めたりしても美味しいですよね。

ワタシも普通に他の野菜と一緒にドレッシングで生で食べたり中華風に炒めたりしたりして食べることが多いです。

FCFCH_pakuchitukunenoniku_TP_V.jpg 

最近、パクチー専門レストランなんていうのもテレビで見ましたよ。
パクチーのパスタやパクチーラーメンにパクチーチャーハン。

ラーメンのトッピングや、チャーハンに入れたりは、今すぐ家でも出来そうですね。

いろいろ研究して、パクチーのレパートリーを増やしたいです。


にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

2017/08/29 10:13 | アンチエイジングCOMMENT(0)  

糖化は焦げる老化の原因 対策は?

老化につながるといわれているのがカラダが錆びる酸化ですよね。

コチラの記事にもあります。→ほうれい線の予防はサビないカラダ作りから

そしてもうひとつがカラダが焦げる糖化です。

糖化とは?

多くの女性がそうであるように、ワタシもやっぱり甘いもの大好きです。

1日に1回は何らかの甘いものを食べずにはいられない・・そんな人も多いのでは?

cake-384760_960_720.jpg 

でも、ご飯やパン、パスタ、甘い菓子類などに多く含まれている糖質。

この糖質が体内のタンパク質と結びついてタンパク質の劣化がおきます。

そして、劣化したタンパク質が「AGEs」といわれる悪玉物質となります。

これが「糖化」です。

糖質のとりすぎで血糖値が高い状態であると、よりカラダは糖化しやすくなります。

「AGEs」は、血管や、皮膚、骨などのコラーゲン繊維を壊していきます。

それにより、血管の老化を早めます。

また、シミやたるみ、くすみの他、骨粗しょう症などの原因にもなります。

これが、女性にとっては一番の敵ですよね。

糖化を防ぐには、血糖値が高くならないようにすることが大事です。

糖質の摂りすぎは、血糖値を上げます。その状態が続けば、糖化の危険度は増します。


食後の運動がおすすめ

食後に軽い運動をすることで、血糖値を下げる事が出来ます。

オフィスであれば、食後はエレベーターを使わず、階段を利用するとか、近くの公園までウォーキングするとかがオススメです。

家庭の主婦は、掃除をしたり、買い物にでかけたりすることで、軽い運動の代わりになりますよね。


「AGEs」は食品にも含まれている

実は「AGEs」は糖化により体内に出来るだけではないんです。

食品にも含まれているんです。

肉、魚、バター、チーズなどには「AGEs」が多く含まれています。

それに比べると「AGEs」は、野菜や果物には少なめです。



糖化対策は?

カラダにいい「食べる順番」

ベジタブルファーストを実践しましょう。

血糖値の上昇を抑えるのに、野菜を先に食べることが有効です。

食物繊維を多く含む野菜を先に食べることで、後から食べる肉やご飯などに含まれる、糖の吸収を抑えることが出来ます。

また調理時の加熱温度が高いほど、「AGEs」は高くなります。

調理方法も、揚げるや炒めるより、蒸す、茹でるのほうが糖化対策になります。

電子レンジの使用も「AGEs」を上げる原因となります。

酢やレモン汁は「AGEs」の生成を抑えることが出来ます。

食事に取り入れて食べましょう。

夜9時以降の食事も避けるようにしましょう。

こうしてみると糖化対策はダイエットにも通じますよね。

毎日の工夫で少しでも糖化を防いで、老化を遅らせましょう。



にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ ランキングに参加しています。
       ポチっとしていただければ嬉しいです。


2017/08/26 12:45 | アンチエイジングCOMMENT(0)  

肌の老化はなぜ起こる?シミ、シワ、たるみを防ぐには?


女性にとって「若さと美しさを保つ」ことは永遠のテーマです。


肌は老化がもっとも現れやすい部分です。

赤ちゃんの肌は、すべすべして水分をたっぷり含んで柔らかいですよね。
baby-1839565_960_720.jpg 

それが加齢と共に、水分量が減っていき、

うるおいのない、かさついた肌になり、

シミやしわができてきます。

肌の老化の原因はさまざまなものがありますが、

「皮脂分泌量の低下」とそれに伴う「乾燥」が挙げられます。

私も若い頃はオイリーな肌だったのに、

気が付けばいつの間にかカサカサと乾燥するようになり、

その頃から小じわやシミが気になりだしたと思います。

皮脂分泌量の低下
    ↓
水分をキープする力が低下
    ↓
肌のうるおいがなくなる
    ↓
  乾燥する
    ↓
バリア機能が弱くなる
    ↓
紫外線の影響を受けやすくなる
    ↓
シワ、シミ、たるみができる


こんなふうに肌は老化していきます。


先手必勝!シミをつくらない


シミができると、老けた印象になりますし、

できてしまったシミを消すのは大変ですよね。

ですから、シミができないように予防する事が大事です。

最も重要なのは紫外線から肌を守ること。

日焼け止めは夏だけでなく1年中使いましょう。

塗る量は、けちってはいけませんよ。

薄く塗ると、効きめが低下してしまいます。

適量塗るようにこころがけましょう。

顔は、化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果のあるものを選ぶと良いですよね。

洗濯物干しなんかも毎日のことなので、

油断しないようにしてしっかり紫外線対策をしましょう。

私は夏場は、洗濯物はなるべく夜に干すようにしています。

朝に干すときは、日焼け止めを塗って

必ず大きなつばの帽子をかぶります。


もうひとつは肌を乾燥させないこと。

シミはメラニンが皮膚に溜まっていくことによってできます。

加齢で代謝能力が落ちてメラニンが皮膚に沈着してシミになってしまいます。

乾燥すると、メラニンが過剰に生成されシミができやすくなります。

洗顔後は、すぐに保湿して肌が乾燥しないようにしましょう。

ゴルゴラインを防ぎましょう。

目の下から頬にかけてのシワ、

いわゆる「ゴルゴライン」や

ほうれい線も老けた印象になりますね。

シワの原因もやはり紫外線と乾燥です。

肌は乾燥するとうるおいが無くなり、弾力を失います。

紫外線は肌の弾力の元となるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

シワをできにくくするには、肌が常にうるおって、

顔全体の血流やリンパの流れを良くすることが大事です。

顔のマッサージもシワには効果的ですが、

執拗にもんだり、無理に伸ばしたりというのはかえってシワを増やしてしまうので気をつけましょうね。

長時間のマッサージも御法度ですよ。


エアコンなどの空調機も肌を荒らし、

老化を早めることの大きな原因になっています。

エアコンによって乾燥した肌は、

うるおいがなくかさついて、

ひどいときは肌が粉吹き状態になります。

乾燥して肌がつった状態になると、

かゆみがでたりシワができやすくなります。

肌のターンオーバーも妨げられます。

加湿器などで部屋を加湿・保湿するように

こころがけましょう。

こまめに保湿すること、

血流やリンパの流れをよくすること

野菜をたくさん摂って腸内の善玉菌をふやすこと

これらのことで、シワはできにくくなります。

若い頃は、シミもシワもないその肌の状態が永遠のものだと錯覚してたワタシです。

でも、今からでも遅くはない、間にあいます。

これ以上シミもシワも増やさないように

しっかりケアしましょう。




  


にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。

2017/08/18 10:00 | アンチエイジングCOMMENT(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。