スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

糖化は焦げる老化の原因 対策は?

老化につながるといわれているのがカラダが錆びる酸化ですよね。

コチラの記事にもあります。→ほうれい線の予防はサビないカラダ作りから

そしてもうひとつがカラダが焦げる糖化です。

糖化とは?

多くの女性がそうであるように、ワタシもやっぱり甘いもの大好きです。

1日に1回は何らかの甘いものを食べずにはいられない・・そんな人も多いのでは?

cake-384760_960_720.jpg 

でも、ご飯やパン、パスタ、甘い菓子類などに多く含まれている糖質。

この糖質が体内のタンパク質と結びついてタンパク質の劣化がおきます。

そして、劣化したタンパク質が「AGEs」といわれる悪玉物質となります。

これが「糖化」です。

糖質のとりすぎで血糖値が高い状態であると、よりカラダは糖化しやすくなります。

「AGEs」は、血管や、皮膚、骨などのコラーゲン繊維を壊していきます。

それにより、血管の老化を早めます。

また、シミやたるみ、くすみの他、骨粗しょう症などの原因にもなります。

これが、女性にとっては一番の敵ですよね。

糖化を防ぐには、血糖値が高くならないようにすることが大事です。

糖質の摂りすぎは、血糖値を上げます。その状態が続けば、糖化の危険度は増します。


食後の運動がおすすめ

食後に軽い運動をすることで、血糖値を下げる事が出来ます。

オフィスであれば、食後はエレベーターを使わず、階段を利用するとか、近くの公園までウォーキングするとかがオススメです。

家庭の主婦は、掃除をしたり、買い物にでかけたりすることで、軽い運動の代わりになりますよね。


「AGEs」は食品にも含まれている

実は「AGEs」は糖化により体内に出来るだけではないんです。

食品にも含まれているんです。

肉、魚、バター、チーズなどには「AGEs」が多く含まれています。

それに比べると「AGEs」は、野菜や果物には少なめです。



糖化対策は?

カラダにいい「食べる順番」

ベジタブルファーストを実践しましょう。

血糖値の上昇を抑えるのに、野菜を先に食べることが有効です。

食物繊維を多く含む野菜を先に食べることで、後から食べる肉やご飯などに含まれる、糖の吸収を抑えることが出来ます。

また調理時の加熱温度が高いほど、「AGEs」は高くなります。

調理方法も、揚げるや炒めるより、蒸す、茹でるのほうが糖化対策になります。

電子レンジの使用も「AGEs」を上げる原因となります。

酢やレモン汁は「AGEs」の生成を抑えることが出来ます。

食事に取り入れて食べましょう。

夜9時以降の食事も避けるようにしましょう。

こうしてみると糖化対策はダイエットにも通じますよね。

毎日の工夫で少しでも糖化を防いで、老化を遅らせましょう。



にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ ランキングに参加しています。
       ポチっとしていただければ嬉しいです。


関連記事

2017/08/26 12:45 | アンチエイジングCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。