スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

腸内環境を整える アンチエイジングの基本は腸にあり


甘酒のことを調べているうちに、健康はもちろん、
美肌にも腸を整えることがものすごく大切だとわかりました。
 腸が健康であれば、見た目も若々しくなるし、
何もしなくても自然と肌も美しくなるんですね。
 そう、肌は健康状態を知るための鏡だったんです。 
そういえば、元気なお年寄りって、お肌もツヤツヤしてますね。 
 ナットクですよね。
 腸内環境って聞いたことありますよね? 
でも、具体的にどういうことか、よくわからなかったので、

ちょっとお勉強しました。 
わたし達の腸の中には、数百種類以上、

数百兆個の腸内細菌が棲みついています。
 数百兆個って・・どんだけ??
 腸の中に細菌がびっしり敷き詰められた様子が、
 お花畑のようだということから「腸内フローラ」といわれ、
食事や生活環境によって変化します。
 腸菌には

善玉菌

悪玉菌

日和見菌

の3種類があります。
 
body_chou_kin.png 
 これらの菌のバランスが「腸内環境」となり、

その善し悪しが、
美容や健康に大きな影響を与えます。 
善玉菌が増えると腸が活発に働いて、
便秘や下痢が解消し、
腸内がキレイに
保たれます。 
腸内がキレイだと、栄養分の消化吸収が良くなります。 
有害物質を体内から排出し、病原菌から体を守ってくれます。 
逆に悪玉菌が多いと便秘や下痢になりやすく、
免疫機能が低下し、有害物質が体内を巡ります。

 肌荒れ、皮膚病、肩こり、慢性疲労、ガンなどの原因となります。 
日和見菌は善玉菌と悪玉菌の数の多い方の仲間となって働きます。 
善玉菌を増やすことが腸の健康を保つことにつながるんですね。 
つまり、腸が健康になれば、美肌になり肌あれを防ぐことになります。  
善玉菌を増やすには野菜を摂りましょう。 
食物繊維が良質な腸内細菌のエサになります。  
食物繊維は、野菜に多く含まれています。

 ごぼう、れんこん、かぼちゃ、
にんじん、大根、キャベツ、ほうれん草、セロリ等々  
その他に

しいたけ、
えのきだけなどのキノコ類
バナナ、リンゴ、みかん、いちごなどの果実類 
大豆、小豆、枝豆、エンドウ豆などの豆類
なども食物繊維が豊富です。 

肌の調子が悪いなというときは、これらの食物から食物繊維を多く摂るようにするといいですよ。

 

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

応援ありがとうございます。


関連記事

2017/08/14 00:00 | 腸内環境COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。