スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

石田ゆり子に見る内面の豊かさとは。

最近「奇跡のアラフィフ」とか「美しすぎる47歳」とかって何かと話題の石田ゆり子さん。

わたしも大好きな女優さんです。

gft0031-026.jpg 

彼女を初めて見たのは、もう26年まえになるんですけど、
武田鉄矢さん主演の「101回目のプロポーズ」だったかな。
可愛いいなぁ、男の人ってこういう子が好きなんだろうなぁって思いながら見てましたよ。
清楚で、可憐でピュアな美しさでしたよね。

そしてその後、ドラマ「不機嫌な果実」で、
それまでの清純派からは考えられないような不倫する主婦を見事に演じてました。
今と違って、女性の不倫ドラマを正面から捉えた内容は原作と共に随分話題になりましたよね。
ドラマで脱ぐ、脱がないが話題になったと記憶しています。
ドラマのタイトルバックで、真っ赤な薔薇に埋もれて気怠げに横たわる「石田ゆり子」の肌の美しさが印象的でした。

でも、その頃の石田さんより今の石田さんの方がナチュラルで瑞々しさに溢れているように思います。
歳を重ねて瑞々しさが増すなんて、普通はないですよね。
今の方が断然、魅力的。

もちろん、お肌もきれい。
メイク本のモデルを務める彼女の肌は、
それこそ瑞々しくって、たっぷりと水分を含んでキチンとお手入れされた肌、
というのがわかりますよね。
それもナチュラルな美しさ。
いつまでも少女のようにピュアな心、
それと同時に自分としっかり向き合い、
大人としての自分の生き方をわきまえている。
何冊か出版されているエッセイからも、感性の豊かさ、心の暖かさ、センスのよさを感じます。
もちろん、元々の顔の美しさがありますけど、
何よりも彼女の生き方があの自然で透明感のある美しさを作ってるんでしょうね。
一見はかなげで、か弱く見えるんですけど、
実は小学生の時に水泳のジュニアオリンピックで入賞する、という経歴の持ち主。
芯の強さが伺えます。
ご自身でも、今ある自分の土台は水泳をやっていた頃にすべて作られた、と仰っています。

40歳を過ぎれば、生き様が顔に出るって言いますよね。
外見のお手入れはもちろん大事。
でも、外見ばかりにとらわれて、人からどう見える、どう思われる、
そこばっかりに拘りたくはないですよね。
内面的な美しさを磨くことがもっとも重要な事ですよね。
ギスギスせず、おおらかに、心豊かに過ごしたいと思います。

まず、自分らしさって何?

そこから、考えてみようかな。



にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ  応援ありがとうございます。
人気ブログランキング

2017/09/12 09:55 | 未分類COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。