スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

1日2個の卵のおかげ?卵の美容と健康効果。

どこの家庭の冷蔵庫にも必ずある卵。
卵の栄養価が高いのはみなさんご存知だと思います。

ちょっと前まで、卵はコレステロールが高いから1日1個迄といわれてましたよね。

でも、実は体内のコレステロールは食事から摂取するコレステロールの影響を受けるのは少ないことがわかりました。
eggs-352460_960_720.jpg 

全国鶏卵消費促進協議会では

わたしがこんなにキレイなのは1日2個の卵のおかげ

と卵を1日2個食べるキャンペーンをしています。

ワタシ達のカラダに欠かせないタンパク質
卵はこれがとっても良質なんです。

体内で作ることが出来ない必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

アミノ酸は美肌作りに必要なコラーゲンの元になります。

また、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌を促し、
肌に潤いを与え、ハリや弾力を保つのに役立ちます

タンパク質は代謝を上げるので、内臓脂肪が溜まりにくくなります。
栄養価が高く低カロリー、低糖質なのでダイエットにも良いですよね。

その他、肌を強くし、抗酸化作用のあるビタミンA
糖質、脂質の代謝に不可欠なビタミンBも含まれます。

年齢により、シワ、くすみ、たるみがおきた肌の酸化を除去してくれるカルチノイドや、血中コレステロールを下げ保湿成分でもあるレシチンはアンチエイジングにも有効です。

卵黄に含まれるビチオンは肌の機能を正常に保ち、コラーゲンの生成に関係します。

コリンは脳を活性化する脂質で、認知症の予防や、記憶力のアップにも役立ちます。
葉酸、鉄分、亜鉛といったミネラルは血行を良くし、若々しい美肌を作ります。

こんなにたくさんの栄養が含まれた卵は、肌に良い、アンチエイジング効果にダイエット効果、そして認知症の予防も期待できる。

正にスーパーフードですよね。

ただし、卵にはビタミンCと食物繊維は含まれていません。

野菜など、他の食品と一緒に食べて補いましょう。

ゆでたまご、目玉焼きから手の込んだ卵料理まで、卵のレシピは数知れず。値段も安くてすぐに手に入る。

毎日の食事の取り入れて卵美人を目指したいですね。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
人気ブログランキング
関連記事

2017/09/17 10:15 | 美肌COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。