スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

ハイドロキノンでシミ取り実践中 効果はある?



前回のシミ取りの話の続きになります。
頬のシミをレーザー治療したんですけれども 記事はコチラです。
その部分はやけどの後のように皮膚の色が少し白っぽいというか、ピンクっぽいというか、肌の色が違ってしまいました。
元々あったシミは小さなシミが集まって出来たシミだったので、直径1㎝ほどのシミのちょうど真ん中の1㎜ほどは、シミがなかったんですね。
当然そこにはレーザーを当てなかったんです。
なんと今度は、そのレーザーを当てなかった部分とレーザーを当てた周囲にシミが出てきたんです。
おそらく、潜在的にあったシミが表面に現れたんでしょうね。
肌の色が他と違ってちょっと白っぽいところと、シミで茶色いとことが混在してるんですから汚くってとてもすっぴんは見せられない状態です。
でも、もうレーザーはする気にはなれないし、ファンデーションで誤魔化すしかないと半分諦めていたんです。
シミ取りに効果があるといわれるハイドロキノンもワタシには大した効果はなかし、と思ってました。
ところが、何気なく見ていたネットで今は濃度の高いハイドロキノンがあるということを知りました。
以前のハイドロキノンは安定性がなく酸化しやすく刺激も強かった。
でも今のハイドロキノンは安定性が高く酸化しにくく低刺激だとか。
濃い濃度も販売できるようになったとか。
ハイドロキノンは元々自然界に存在する成分で、アメリカでは最もポピュラーな美白剤らしいです。皮膚科で貰っていたハイドロキノンがどんなものだったのか。
今となってはもうわからないですけど何年も経ってるんで、もう一回使ってみたいなと思いました。
そこで濃度2%のハイドロキノンを購入して朝晩使用してみました。
やっぱり刺激は全く無し。
1カ月以上使用したけど、効果も無し。
長期で使えば少しは効果があるのかな、
と思ったけど刺激もないことだし、
濃度の濃いのを使ってみようと思い一気に濃度10%を購入。
 
P_20171123_164218.jpg 

固めの白いクリーム。
パッチテストをした後、
朝は2%、夜は10%をシミの部分だけにピンポイントで使用。
10%も特に刺激は無いです。
さらに2週間ほど使用したところで、
なんとなくシミが薄くなったような気がしてきた。
でも、見る鏡によっては濃く見えることもあるし、
期待するあまりそう見えるだけかも。

「でも、薄くなってる」

「いやいや変化なしやん。」

毎日そんな思いで鏡に向かってたんですけど、
3週間過ぎた頃からやっぱり薄くなってる、と確信しました。
今まで化粧するときはリキッドファンデーションをまず、シミの部分に載せて叩き込んで全体に広げて、さらに今度は筆でシミの部分にリキッドファンデーションを重ねてカバーしてたんです。
コンシーラを使ってたこともあったけど、
如何にもシミ隠してます、
状態になるので今の方法が一番ナチュラルで良いかなと思って。
それでも完全に隠し切れてはなかったんですけど。
それが、ファンデーション叩き込んで全体に広げた状態でほぼカバーできてるんです。
筆で重ね塗りしたぐらいにカバーできてるんですよ。

ピンクっぽく丸くなってるのがレーザーの跡。
これはファンデーションで隠れます。
その真ん中と隣がその後にできたシミです。
そんなにすぐに薄くなってくるとは思ってなかったので
ハイドロキノンを使う前の写真はありません。
下の写真はうすくなってきてからのもの。
なんとなくぼんやりしてきた。
写真もちょっとぼけてますね 

simi.png 
 
やっぱり10%は凄かった。
日に日にシミがぼんやりしてきたように思うし、点々の集まりに見えてきた。
完全に消えるかどうかはわからないけど、期待して使ってみようと思います。
まだ他にも消したいシミはいっぱいあります。
左の目尻近くにあるシミにはまだあまり効果はみられません。
でも使ったハイドロキノンはお財布にも優しいです。
気長に続けます。
2%は他社を使いましたが10%はコチラです。

メール便・送無】ハイドロキノン クリーム 安定型 ハイドロキノン 10%配合【ハイドロ クリーム SHQ-10 /5g】

よかったら見て下さい。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
人気ブログランキング
関連記事

2017/11/23 18:19 | 美白COMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。