スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

肌の老化はなぜ起こる?シミ、シワ、たるみを防ぐには?


女性にとって「若さと美しさを保つ」ことは永遠のテーマです。


肌は老化がもっとも現れやすい部分です。

赤ちゃんの肌は、すべすべして水分をたっぷり含んで柔らかいですよね。
baby-1839565_960_720.jpg 

それが加齢と共に、水分量が減っていき、

うるおいのない、かさついた肌になり、

シミやしわができてきます。

肌の老化の原因はさまざまなものがありますが、

「皮脂分泌量の低下」とそれに伴う「乾燥」が挙げられます。

私も若い頃はオイリーな肌だったのに、

気が付けばいつの間にかカサカサと乾燥するようになり、

その頃から小じわやシミが気になりだしたと思います。

皮脂分泌量の低下
    ↓
水分をキープする力が低下
    ↓
肌のうるおいがなくなる
    ↓
  乾燥する
    ↓
バリア機能が弱くなる
    ↓
紫外線の影響を受けやすくなる
    ↓
シワ、シミ、たるみができる


こんなふうに肌は老化していきます。


先手必勝!シミをつくらない


シミができると、老けた印象になりますし、

できてしまったシミを消すのは大変ですよね。

ですから、シミができないように予防する事が大事です。

最も重要なのは紫外線から肌を守ること。

日焼け止めは夏だけでなく1年中使いましょう。

塗る量は、けちってはいけませんよ。

薄く塗ると、効きめが低下してしまいます。

適量塗るようにこころがけましょう。

顔は、化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果のあるものを選ぶと良いですよね。

洗濯物干しなんかも毎日のことなので、

油断しないようにしてしっかり紫外線対策をしましょう。

私は夏場は、洗濯物はなるべく夜に干すようにしています。

朝に干すときは、日焼け止めを塗って

必ず大きなつばの帽子をかぶります。


もうひとつは肌を乾燥させないこと。

シミはメラニンが皮膚に溜まっていくことによってできます。

加齢で代謝能力が落ちてメラニンが皮膚に沈着してシミになってしまいます。

乾燥すると、メラニンが過剰に生成されシミができやすくなります。

洗顔後は、すぐに保湿して肌が乾燥しないようにしましょう。

ゴルゴラインを防ぎましょう。

目の下から頬にかけてのシワ、

いわゆる「ゴルゴライン」や

ほうれい線も老けた印象になりますね。

シワの原因もやはり紫外線と乾燥です。

肌は乾燥するとうるおいが無くなり、弾力を失います。

紫外線は肌の弾力の元となるコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。

シワをできにくくするには、肌が常にうるおって、

顔全体の血流やリンパの流れを良くすることが大事です。

顔のマッサージもシワには効果的ですが、

執拗にもんだり、無理に伸ばしたりというのはかえってシワを増やしてしまうので気をつけましょうね。

長時間のマッサージも御法度ですよ。


エアコンなどの空調機も肌を荒らし、

老化を早めることの大きな原因になっています。

エアコンによって乾燥した肌は、

うるおいがなくかさついて、

ひどいときは肌が粉吹き状態になります。

乾燥して肌がつった状態になると、

かゆみがでたりシワができやすくなります。

肌のターンオーバーも妨げられます。

加湿器などで部屋を加湿・保湿するように

こころがけましょう。

こまめに保湿すること、

血流やリンパの流れをよくすること

野菜をたくさん摂って腸内の善玉菌をふやすこと

これらのことで、シワはできにくくなります。

若い頃は、シミもシワもないその肌の状態が永遠のものだと錯覚してたワタシです。

でも、今からでも遅くはない、間にあいます。

これ以上シミもシワも増やさないように

しっかりケアしましょう。




  


にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ 応援ありがとうございます。
関連記事

2017/08/18 10:00 | アンチエイジングCOMMENT(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。